≪電力の低額化と豊かな共生社会の実現に貢献します。≫

NPO法人アイ・ネットワークくまもとは「共生」をテーマに『ふくし電気』を設立しました。
※ふくし電気の収益金は地域の社会福祉に役立てられます。 2016年4月にスタートした電力小売全面自由化に伴い、経済産業省資源エネルギー庁より 登録認可を受けた小売電気事業者の販売代理店として低額で安心安全安定の電力供給の お手伝いをさせていただきます。

≪停電した時の対応はどうなるの?≫

新電力が電気の供給に用いる送配電網(電線や電柱)は、地域の一般送配電事業者の送配電網を使ってお客さまにお届けしています。電線や電柱の故障や停電などの対応については、これらは一般送配電事業者【九州エリアにおいては九州電力送配電株式会社】※が全て担うことになります。そのため、新電力からの電力供給は今までと変わらず、停電時の対応は、一般送配電事業者が行いますのでご安心してご利用下さい。 ※2020年4月に、旧一般電気事業者の送配電部門が分社化し、送配電部門の公平性・透明性を確保する取り組みが行われています。

≪電力供給のポイント≫

コスト削減

エネットのほうが現在ご利用の電力会社よりも電気代が安くなる可能性がございます。

電気の品質は同じ

引き続き現在と同じ送電線を使用するので停電等のリスクも現在と変わりがありません。

切り替えは簡単です

書類のご記入だけで切り替えが完了します。切り替えによる費用負担はありません。

福祉に役立てます

ふくし電気からの申し込みで地域の福祉に貢献できます。

電力の自由化とは

これまで家庭や商店・事務所向けの電気は、各地域の電力会社(九州電力、東京電力等)だけが販売しており、電気をどの会社から買うかを選ぶことはできませんでした。2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化され、全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やは、サービスを自由に選べるようになりました。新電力の会社コストは削減を図り、これまでの料金よりお安く電気を提供します。